Q&A よくあるご質問 サイト内容のご案内
矢巾町民劇場第21回公演 「 医志(いし) 〜つなぐ道〜
 町民による手づくりの舞台 「矢巾町民劇場」 の21回目の公演が2月11日(土)、12日(日)に行われました。
 
 今回は岩手医科大学創立120周年を記念し、誠の医師を目指した少年の成長を描いた物語を創作。4歳児から大人までキャスト
 
 スタッフ総勢約70人が参加し創りあげました。岩手医大のキャンパスや付属病院移転計画が進む矢巾町。
 
 物語を通して医療の在り方を考えさせられれる公演となりました。
 
 劇中には春夏秋冬を表現する踊りを、4歳から小学生の子ども達が披露し、お客様から大きな拍手がおくられました。
 
 公演には2日間で約510人の来場を頂きました。
 
 
 
矢巾町民劇場第21回公演「医志」 矢巾町民劇場第21回公演「医志」

 

 
 
矢巾町民劇場第21回公演「医志」 矢巾町民劇場第21回公演「医志」
   
 
矢巾町民劇場第21回公演「医志」 矢巾町民劇場第21回公演「医志」
   
 
矢巾町民劇場第21回公演「医志」 矢巾町民劇場第21回公演「医志」
   
矢巾町民劇場第21回公演「医志」 矢巾町民劇場第21回公演「医志」
   
矢巾町民劇場第21回公演「医志」 矢巾町民劇場第21回公演「医志」
   
矢巾町民劇場第21回公演「医志」 矢巾町民劇場第21回公演「医志」
   
   
矢巾町民劇場第21回公演「医志」
 
画面トップ