プラネタリウム 一般投影 団体投影
 
 

  一般投影:

  春番組 『南十字星を求めて』

  

  南十字星は星の名前ではなく、星座の名前で全天88星座の中で一番小さな星座です。私達にとって南十字星は、名前は知っているが南半球にあるため、見ることが難しい星座です。どうすれば南十字星を見つけることが出来るのでしょうか。

  また、いろいろな場面での南十字星の役立つ方法を紹介していきます。

   このほか、「春の星座」と「ヘルクレスのヒュドラ退治」物語を紹介します。

 

●投影時間

番 組 一般 一般 一般 一般
土 曜 日・
日 曜 日・祝 日
  9:30  11:00  13:30  15:00
春・夏・冬休みの平日    −  11:00    −  15:00

●投影時間は、約40分です。
●春休み平日投影期間 3/27〜4/6まで 

●平日の団体投影は随時行います。詳しくは団体投影の欄をご覧下さい。

●観覧料金

3歳以上、中学生まで 54円 32円
高 校 生 160円 86円
大学生・一般 210円 108円
                            

                 ●投影を休む日

   ●年末年始(12月28日〜明年1月4日)
   ●プラネタリウム機器の臨時の保守点検(随時)
   ●一般番組入替え期間(年に4回、平日5日間)              

 

団体投影:

●平日の団体投影には、一般投影、学習投影(夏のみ、それ以外は一般投影番組と同じ)及び幼児投影(夏・秋のみ、それ以外は一般投影番組と同じ)があります。投影内容は、可能な範囲で、団体様のご希望にお応えいたします。詳しくはプラネタリウム担当者とご相談ください。 (学校の春休み・夏休み・冬休み期間は、午前11〜12時と、午後3〜4時は一般投影番組となります)

●団体投影は、平日の午前9〜11時と、午後1時15分〜4時の間が投影開始時刻です。
 投影開始時刻および投影時間は、可能な範囲で団体様のご希望にお応えします。
 投影内容については生解説及び番組投影が標準的な団体投影になります。
 (幼児投影には30分、学習投影には45分が標準的な番組投影時間です。その他については一般投影番組を投影します。生解説がある場合は内容により時間が変動し、大体、15分〜45分前後の時間が増えます。)
 他の団体と利用時間が重なる場合がありますので、事前にお問合せください。

●団体投影の申し込みは、利用日の3日前までに「団体観覧申込書」を届け出て下さい。
 (事前に来館しての届け出が困難な場合は、観覧当日でもよろしいです。ご相談ください)
 団体観覧の申し込みには代表者の捺印が必要です。(代表者は、引率者でもかまいません)

●観覧料金は、一般投影と同じです。
 なお十和田市内の幼稚園・保育所・小学校・中学校は、教育課程に基づく学習又は保育活動の一環による学習の場合は「減免申請書」を提出することで、観覧料金が全額免除となります。
 ただし、学童保育の場合は除く。

 「減免申請書」には、団体の代表者の捺印が必要です。事前に提出をお願いします。