Q&A よくあるご質問 サイト内容のご案内
公民館事業の様子
今年度の公民館事業の様子を掲載していきます。
 市民大学 一般教養講座 
一般教養講座最終講座となる第6講座は10月22日(土)に行われました。
今回は八戸学院大学 短期大学部 客員教授 三村 三千代氏に「おくのほそ道を読む」と題して
講演していただきました。
三村さんの臨場感あふれる話し方と松尾芭蕉の句のなんとも情緒的かつ斬新的な詠みを堪能し、
あっというまの講演でした。
きっと会場の皆さんも、より『おくのほそ道』を読んでみたいと思われたのではないでしょうか。
   
今回で今年度の市民大学一般教養講座は終了しました。たくさんの方々に参加いただきましたこと
本当にうれしく思います。皆さんの生涯学習のひとつのきっかけになれたら幸せです。

 

一般教養講座第5講座は9月2日(土)に行われました。
今回は上級終活カウンセラー村井麻矢氏に「終活を始めましょう」と題して講演していただきました。
エンディングノートの書き方から葬儀・お墓の話まで、楽しく笑いをさそいながらお話しいただきました。
エンディングノートを書くことにより、残されたものがあれこれ迷うことなく、お別れに時間を費やすことが
でき、またこれから生きてく上で大切なことが見えてくることを知りました。

 

一般教養講座第4講座は8月19日(土)に行われました。
今回は方言研究家・川柳作家 渋谷伯龍氏に「いちにちを 大事に生きる よく笑う 〜たのしい
ふる里ことば〜」と題して講演していただきました。
ユニークな青森のお国ことばの成り立ちやおもしろい方言川柳、そして時折方言クイズもあり、笑い笑いの
連続でした。ご来場いただいた皆さま、ほっぺた・おなかの筋肉が筋肉痛になってはいませんか。
八戸から笑わせたいのみなさんも駆けつけてパワーのある演技で会場を笑わせてくださいました。

 

一般教養講座第3講座は7月22日(土)に行われました。
今回は三沢警察署 警備課長代理 藤島 淳也 氏に「災害は忘れた頃にやってくる」と題してお話しして
いただきました。
地震に対する普段の備えや発生時の行動、そして、弾道ミサイル落下時の行動までお話いただきました。
さらに、過去の災害経験から始まった警察のさまざまな取り組みも知ることができ改めてすごさを
感じました。

 

一般教養講座第2講座は6月24日(土)に行われました。
今回は上北農産加工株式会社商品開発部の花田一雄部長に「しょうゆの不思議」と題して
お話ししていただきました。
諸味の熟成過程における香りの違いを実際にかいで確かめてみたり、同じ塩分濃度の塩水と
しょう油のしょっぱさ比べをしてみたりしながら楽しく聴講しました。
あらためて「しょうゆの力のすごさ」を感じた講座でした。

 

一般教養講座開講式は5月20日(土)に行われました。
今回は第1講座第2回目として三沢市介護福祉課の副参事兼課長補佐の大塚勤光さんに
「いつまでも自分らしい生活を続けるために」と題してお話しいただきました。
更なる高齢化社会を見据えて、高齢でも元気な方は、サービス・支援の担い手として活躍できる
「地域づくり」を目指していく!そんな力強い思いを感じる講演でした。認知症予防の十か条も
詳しくお話ししてくださいました。

 

一般教養講座開講式は5月13日(土)に行われました。
開講式の後、今回は2週にわたって開催される開講記念講演として
三沢市介護福祉課の寺澤寿子課長に「介護保険のしくみ」をお話していただききました。
介護保険制度とは?というところから介護申請をしてサービスを利用するまでの流れ。
そして、どのようなサービスを利用できるかなど細かく教えていただきました。
開講式・館長の挨拶
記念講演
講師の寺澤寿子氏
ロコモ体操

 

 市民大学 趣味講座、教養講座 
教室・クラブの受付と合同開講式は4月22日に行われました。
開講式の後、開講記念講演として中央公民館館長中澤道男氏に
「公民館を育ててください。」と題してお話していただききました。
受付時の様子です。
受講生の方々です。
講師の方々です。
開講記念講演の様子です。